mimi's world-4 * Black Sky

__ It is started from one dream... as it became with Love Dreams


Mercury WINKs for love @ making DEEP blue SEA...sunrise DAWN

  1. 2014/03/30(日) 04:01:24_
  2. Instrumental of Love Dreams
.


・ ・ ・夜明けの撮影


まだ何時間経っても、夜も明けない時間に召集が掛かっている。


目を瞑っていたら いつの間にか吸い込まれる様に夢の中に居て、その夢と共に目が覚めた。

心の中に彼女の事を抱いたまま、目を瞑って・・・



人を愛する感情に心が落ち往く感覚

ふわふわと浮く様な、ゆっくりと沈み往く波の感触が身体に残ったまま

その ゆらゆらと揺れる感覚のまま、目を閉じていた夢の中で、幸せだと感じた。


この幸せの気分のまま、今日一日をまた・・・

・・・幸せだったと思い出して目を瞑りたいと心が言っていた



ベッドの上で片膝を付いて座って、その上に両手を顎を乗せて窓の外を見ていた。

早くに昇った満月が沈み、外は新月の暗い夜の様に、たくさんの星がまだ煌いて瞬いている。


彼女と過ごした新月の夜・・・

あの時もゆっくりと時間を掛けて、このまま永遠に朝が来なければいいと思う程
彼女を心から愛していた事を思い出していた。


開けたままの窓のカーテンが風と共に揺れていて、その風が運んでくる海の香り

遠くに聞こえる波の音が規則正しい心音の様で、目を瞑ると思い出す彼女の心の音。

暖かなぬくもりを抱きしめて、自分に抱きついて肩に首に背中に回されていた腕

力を入れない様に我慢していた彼女が愛しくて、大丈夫・・・そう促しながら、強く・・・
抱きしめていた事以外、何も他の事は覚えていない。


あの時・・・


他の何も見えなくて、他の何も聞こえなくて、他に何も感じなくて


ただ、彼女と自分の声と吐息に・・・

二人の大きな鼓動を感じていて


気が付いた時にカーテンの隙間から見えた、今と同じ時間の星空 __________



膝を一度両腕で抱きしめて、ベッドから立ち上がり、窓の外に向かい大きく息を吸い込んだ。




窓の外の星に向かい目を閉じて心から祈る

胸に手を当てて、心の中にいる彼女に、おはようと声を掛けた。


変わらない心の中が・・・

外見が変わっても心の中は変わらない、ただ一人・・・

・・・君を愛している


_____ . . . I love you so very much


今日のこれからも、君を心に抱いたまま、共に過ごして生きたいと、心から祈っていた。



目を開けて振り返ると鏡に映った自分の姿。
その自分に・・・


「 All right 」 


パン、と一度だけ手を叩き、気合を入れてホテルのジムに向かった。



まだ誰もいないジムで、音楽を聴きながら走っていた。

少し経ったら他のモデル達もやってきた。

_____ Hey,Chuehonn. When did you come here? I guess.. you were with your girl last night weren’t you?

「 What ? What did you say ? Why you think so ?  」


_____ Haha . . 'cause you looks so chillin’ and goosey.

「 Nope. . but yep both, She was with me on beside of... all my here 」


走りながらしゃべっていると、どんどん気持ちが久遠に成って行く事を感じていた。
ココに彼女が居た。と言いながら自分の胸を叩き、速度を落として両脇に手を当てながら深呼吸をした。

汗を拭こうとタオルに手を伸ばして、一緒に取り上げた水のボトルを開けた。

タオルを首に掛けて水を飲んで周りを見ると、皆この暗い夜明け前というか夜中過ぎにも拘らず、しっかりワークアウトしている。

夜明けと共に冷たい海に入り、サーフしなければ成らない事。
身体をしっかり温めておかないと死にそう・・・と思っているのは、自分だけではなかった。


( ふふっ・・・)

死にそう、だって。・・・自分に可笑しくなって笑ってしまった。

彼女が心に居るならば、死んでもいいし幸せだし本望だ。と思っていた撮影だったのに、死にそうになるのはやっぱり嫌なのか。と思った自分に可笑しくなった。

話しかけてきたNickがイヤホンを耳に付けて走り出したので、自分も・・・白いiPhoneをイヤホンに繋ぎ、曲を掛けながら走り出した。

耳に聴こえるLandscapeの曲は、CMに掛けられる曲。

自分のイメージを固めていく この仕事前のひと時は、俳優の役作りのまま同じ。
彼女と一緒に撮った映画の撮影中にも、何度とOnly youを聴いた事だろうと思い出していて、Landscapeが終わったら、Only youを掛けようと彼女との思い出の曲をプレイリストに作りながら走っていた。


召集時間の少し前に、モデル達とビーチに向かって歩いていると、風が一度だけ ひゅっと強く吹いた時、目の前に舞い落ちてきた一枚の木の葉。

片手でその木の葉を掴んで手のひらを広げると、彼女との映画の撮影を思い出して、もう一度握り締めた。


( 今日のお守り。 )

そう思って・・・

蓮でいた時、何度とクオンに引き込まれて助け出して貰った事を思い出し・・・

久遠でいる今は、昨日の撮影を思い出して蓮に戻らない様に・・・

それに・・・早朝の、しかも久々のサーフィンで死なない様に・・・と願を掛けた。



ビーチについてスタッフが大勢ウロウロする中、波打ち際にモデル仲間と行って足を浸けた。
Oh Gosh ! と言いながら、皆ブルッと身震いしている。自分もウゥ~と思いつつ、着ているバスローブの前をぎゅっと合わせて腕を組み、足元をチャプチャプしていた。

空を見上げるとまだ星のたくさん煌く夜の遥か向こう側が、ほんの少しだけ蒼く染まりつつある様に見える。

どんどん夜が明けてきたら この星達は、その輝きを一つ二つと薄れて見えなくなっていく。

最後まで一つだけ輝いて残る・・・

太陽が顔を出す時間の前に、その太陽の光を受けて最後の瞬きを終える瞬間

その星に成りたいと思っていた事・・・



彼女が俺に作ってくれた、それの名前


“ 明けの明星 ”


彼女は俺にそれを望んでくれているのと・・・何かしらの彼女に感じる予感がそうさせたのか、
自分が敦賀蓮で居る事に違和感を感じていたのかもしれないとも、思えた。


_____ Sorry Guys ・・・

そう言われて振り返り、Let’s startと言われたら、バスローブを脱ぎながらそちらに向かう。
その向かう途中、足元の砂を一掴みつかんで、指の間から さらさら落ちる冷たい砂を見詰めながら歩いていた。

風の方と波の方向、それにさっき見詰めていた沖から波が出来る場所、潮の流れを頭の中に予測していたら、Hey Chuehonn. It’s shooting, it’s not only surf don’t go away from camera
撮影だから、カメラの中に納まる範囲でいいんだぞ。と言われて・・・

そうですが・・・死にたくないのでとは、言えず・・・

ちょっと砂つけてみて~。と指図があって、メイクさんが近寄ってオイルを軽く身体に塗られ
その上に砂を手で軽くはたく様に付けてくれる。

その光景の中で視線に気が付いて、そちらの方を見るとカメラマンと目が合ってしまった。

彼は・・・ フッ…と、言い俺に向かってニヤッと笑った。



よし皆、時間無いぞ。そう言って親指で海の向こうを指している。

ぼやっと明るくなってきているのが、なんとなく分かる程度だけれど、刻々と明るくなってくるのは確か。

リハ、一度だけだからな。カメラはアングルだけ確かめる。シュートしない。以上急げ。
そう言われてスタイリストもそれぞれの水着をチェックして、思いっきり下げて履いているNickは・・・やっぱアメリカ人だな、お前。と言われながら直されているのを横目で見ていた。

歳が近く、日本で仕事する外国人として、お互い俺達モデル仲間は、気が置けない仲間。

敦賀蓮として、俳優仲間と仕事をする時と全く違う今の心地よさを感じていた。

「 Hey Nick, Don’t wanna shoot again. I and we. 」

肘でコツいて、思い出す今朝のジムでのコイツからの言葉。 

「 That’s looks so chillin’ ...g . Right? 」

Yeah right…と返事が返ってきて、ハイファイブをした。Don’t make goose Nick Pleeease! と横で寒さに震えているモデルも居た。



NG だけは嫌だな・・・

誰もがそう思っている撮影。もう一度撮り直しの効かないだろう撮影で、サーフ中に水着が落ちたらどうすんだ。とは、誰もが思っていた事。
ウェットスーツも無い、水着の撮影だから当たり前なのだけれど、冷たい沖のほうまで行かなければ成らないし、夜明けだし・・・とは、全員一致の気持ちである。


星空の高い空を見上げて、もうすぐ昇ってきそうにぼんやりとした水平線に向かって立ち、
ハイそこ。次、そこ。もうすこし久遠、離れて。 場ミリテープの変わりに砂にXを書かれて、立ち位置を確認。

今はまだ波が足元に届かない時間だったけれど、もうすぐここまで押し寄せて打ち返す波が、足元のXを消してゆく事だろう。


ライト消して~!と声がして、ごちゃごちゃ しゃべっていたモデル達と場所を動かないまま立っていて、前を見たら夜が明けてきた。

入りま~す。と日本語も飛び交う中、目を一度瞑って視線を水平線に向けた。



皆・・・

撮影用の顔になっている。

震えていた身体も撮影と思うだけで皆、勝手に止まる。



打ち寄せる波が、足元に届いてきたのを感じた時に、水平線の向こうが明るくなってきた。

遠くの空を見ていながら、その太陽の光に負けじと、太陽の光を浴びて、最後まで瞬いているそのMercury 水星・・・

・・・明けの明星を見詰めていた。


太陽が照らし造る・・・水平線がきらきらと一つの線になって見えた時、心の底から大きく息を出した。微笑みながら砂の付いた手で髪をかき上げると、目の前の落ちる砂が、その朝日に輝いてキラキラと・・・

ちいさな星屑の夜空が薄れ行く様に顔の回りに輝きを見せ、水星の最後の瞬きと共に全ての光が消えた。



そして、GOという掛け声の中、皆で顔を向け合い微笑み、全員が一緒に大きく息を吸い込んで正面を見詰め、誰が示したでもなく・・・ 揃って水平線に向かって駆け出した。



俳優と違って、台詞の無い演技。それに声は入らない。

その仕事がどんなに大変な事か、表現だけで伝えたいと演技力の幅も広がったモデルの仕事。

クーの俳優としての血を受け継いで・・・
ジュリのモデルとしての血を受け継いで・・・

この二人から生まれた自分には、両方の仕事にプライドがあった。

両方の世界のトップに君臨する自分の親は、それぞれの世界で自分にとっても雲の上の存在であり尊敬の想いと、憧れを抱けるほどの大先輩。
この二人から生まれた自分は、誰にも負けたくないと・・・

トップを走り続けるクーとジュリに近づく様に、モデルの世界でもトップに成るのは自分だと、他のモデル達に闘争心が湧く。


誰よりも魅力的に、誰よりも人目を惹き、誰よりも要求に従い、

そして、誰よりも愛されたい



Impregnable... 攻撃開始


波に走って飛び込んでも、冷たく感じなかった。

きっと自分のプロとしての意識がそうさせるのだろう・・・昨日の様に、どんなに暑くても汗をかかなかったり、今の様にどんなに寒くても震えない。
身体がそう動き、神経をそう働かせられる事は、プロになれたと自分で確信できる時。

Oh God...! Fuc..n’ Shit ! と横で声が聞こえていたけれど、自分には大丈夫だった。


気が付けば、いつのまにかサーフィンを楽しんでいた。

そして、波が沖に戻る向こう側から、朝日が昇って来たのを見届けるように、ボードの上に座っていた。

波が穏やかに成ってきていて・・・

波を待っていた。カメラの方はまだライトが点いているから、撮影中なんだなと思い、カットの声も掛かっていなかった。

波の音を聞いて居たら、朝起きた時に彼女の鼓動の様だと思っていたと思い出していた。
ボードに両手を付いていて、そのまま前にゆっくりと手を滑らせたら、体中がふわふわ揺れる今・・・昨日のふわふわ浮いたまま、沈み往く感覚を思い出していた。


彼女の事が愛しくて、愛し過ぎて切なくて・・・

苦しいと もがく事もなく、ただ苦しい心の中に・・・心地良いと感じる. . . .


ボードから伝わる波の音に・・・

いつの間にか目を閉じて・・・

彼女の事を想っていた・・・


・・・きっと自分は今・・・


このまま、安らかな気持ちのまま・・・生きたいと望んでいる __________



今・・・自分の微笑む顔が、心からの笑顔だと自分で感じていた




俳優として久遠ヒズリでいた時を思い返していた。


彼女との撮影中・・・


何度も彼女に恋に落ちて

本心から溢れる想いを、台詞にのせ・・・

幾度と彼女に愛を囁き

彼女の事しか見えなくて、演技を続け・・・

数え切れない涙を拭い合い

彼女の声しか聞こえなくて、カットに気が付かなくても・・・

無限の想いが心を占領し

他の何も感じなくて、彼女と唇を重ねた時・・・

愛していると・・・


. . . この心が泣いていた




でも、きっとそれは嬉しい涙 . . . . .




ボードを弾く波飛沫の味に目を開けて、So salty.. と思っていたらそれは・・・

自分の瞳からの涙だった


起き上がって両手で海の水を掬い上げて、顔にぱしゃっと掛けた両手を頭全体に滑らせた時に見た水平線には、朝日が昇っていた。


その朝日の光に目を細めて、髪から滴り落ちる水に涙を隠し、頭を振って思考を撮影に戻そうとしていた。

でも・・・

彼女が頭の中から離れては、くれない


両手をボードに付いたまま、優しく触れた彼女を思い出して、

この彼女に触れていた両手・・・

今は波の冷たい感触の中に、手に伝わる波の振動が、

彼女との事を思い返させる・・・

暖かくて心の中に、止め処なく湧き上がるように溢れ出した感情を、

もう我慢しなくてもいい・・・


今は・・・
・・・もう・・・



気が付いた時には、ボードに頬を寄せて波の音を聞いていた



彼女の胸からの鼓動の様・・・


大きく息を吸い込んで微笑んだ




あの時・・・君に・・・

自分の呼吸に合わせる様に、大きく息を吐いてみせ、大きく息を吸って微笑んだら
同じ様に息を大きく吐き出して、俺に抱きつきながら胸一杯に吸い込んで

流した涙を頬に感じていたら、自分の心からも溢れた涙・・・

記憶として心の中に刻まれた、あの涙は

君から離れられなくなる・・・涙の魔法だった




この心がふわふわと浮かぶ様に嬉しくて、ゆっくりとそれが沈む様に苦しくて、

愛してるって、この心が何度も言っていて・・・


自分の鼓動と彼女の鼓動が重なる様に

心の想いが重なっていると感じていた



最後に溢れた涙に口付けたら向けてくれた笑顔・・・

だからその笑顔に・・・二人の思い出を重ねて・・・

自然と昔のままの笑顔を見せていたのだろう



今・・・そう感じる

今きっと微笑んでいるこの笑顔は、彼女だけに素直に向けられた心からの笑顔


映画の撮影中にも、何度と彼女だけに心から微笑んでいた

今まで誰にも開けなかった心の奥からの、素直な笑顔を・・・君だけに


この素直な気持ちをいつまでも

素直に君だけを心の底から想い続けて

それでも心の中に涙があふれたら、それはきっと・・・


今・・・
波の音がボードに振動となって伝わっていて、目を瞑っていても朝日の眩い世界を閉じた瞼の裏に見えて、心に溢れる想いに涙が溢れていると感じる

・・・この今、

心が落ち着いているこの時が・・・長く、永く、永遠に続いて欲しいと


そのまま微笑んでいたら・・・

・・・心が引き千切られそうに苦しくても・・・


しあわせ


って、この事なのかな・・・



二人でこの心を、長く、永く、永遠に感じ合える様に生きたいと思っていた


この幸せの気分のまま、今日一日をまた・・・

この一日が終わる頃、幸せだったと思い返して眠りにつけるように過ごしたい

そうできたらまた・・・

君が夢の中に現れて、幸せな気分で明日の朝も、この朝日を見詰めて・・・

君を心の中に想いながら、生きていけると・・・



心が望んでる



そうして新しい毎日が、やってきて欲しい . . . _______________






.
to... making DEEP blue SEA...sunrise DAWN

SPACY

美海* mimi

Author:美海* mimi
mimi's world - Dream Four

- the loves are the prince like

SO Fraternity
sO Extreamly
sO Essencially
sO Leaky
sO Scarcity

And wilder than wilderness

never those are the same at every moments

the lights winks to you ...

...like Planets in universe



* the BLACK SKY *


PRELUDE of LOVE DREAMS

*MERCURY - Chuehonn's LOVE
*VENUS - Ren's LOVE
*MOON - the one 's LOVE
*MARS - Sho's LOVE
*JUPITER - Hideto's LOVE
*SATURN - Reino's LOVE
*URANUS - Hikaru's LOVE
*NEPTUNE - Taira's LOVE
*GALAXY... HIDING behind interstellar clouds



mimi's world

LD1 - HEART

bless of Love with DEEP breath


LD 2 - DREAM

brightness in the WHITE lime lights


LD3 - SYMPATHY

peacefulness as POLAR as sweetened for the ONE A me BLO

sleep as peacefulness and sweetened II to 11 in fc TWO



LD5 - MIND

Uncompletation ICY Sensitivity



∞ I*s B-FOREVER

From far away beyond BEAUTIFUL SEA

theD

from far away beyond beautiful sea


LD7 & F-TM* HOPE and DESIRE

BElieVE.beLIEve.believe

mimi's Fairytales
* HAPPY PRESENTs *
* A New Day *
* To be my Grace *
* Myth. BLUE BELL *


...still
under constructions

Dream 6 - The Radiance

TWINKEY

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Copyright

* Love Dreams * Stories by Author 美海*mimi © 美しい海の彼・方より mimi's world-4 * Black Sky All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray

under © mimi's world-1 * Deep Sea All Rights Reserved.


▲PAGETOP