mimi's world-4 * Black Sky

__ It is started from one dream... as it became with Love Dreams


Prelude of Love Dreams

  1. 2014/01/27(月) 07:33:15_
  2. winks like A STELLAR
そうこれは、スキビが大好きで、妄想にウッカリ嵌った私の見た夢の話。
そして、その続きを妄想爆走中の私の妄想です。

それでは、まずは、私の見た夢の話から。
宜しければ、どうぞ。


この夢は、


久遠の姿での、久遠・ヒズリとしての、初映画の話でした。
キョ-コも、社さんも、もちろん、知らない。
世間にもカインヒールの正体を隠していたように、敦賀蓮であることを隠して、出演する。

カインの様に、敦賀蓮としてのオファーでなくて、蓮が、久遠の姿で、
久遠・ヒズリとして、日本の映画に出演するって話だったんです。
ローリィーは、社長として、久遠・ヒズリを、ハリウッドに送り出す為の第1歩ってところです。

もちろん、久遠を蓮が演じている事は、社長しか知りません。
(っていうか、もともと久遠が蓮を演じているので、自分のままなのかしら?)

世間には、敦賀蓮であることを隠しているんです。

その映画というのが、話自体は、何にも見なかったので、なんのストーリーか分かりませんが、
どうも、思い返せば、純愛モノですね。
主演はもちろん、久遠・ヒズリ&京子。

その映画の顔合わせの日には、キョーコの想像してた、コーンの大人になった姿の久遠に、

コーン?なの?
私、キョーコよ。子供の頃、京都で逢ったことのある。
と、再開を喜ぶ二人。

いきなりの久遠=コーンのバレバレ設定ですが、夢の話なので気にしないで、下さいね。

私が一番印象に残っているのが、ロケ現場、森の中の河原なんですけど、
お昼休憩中に、河原で、ふたりで、懐かしむんです。

あの時、コーンも悩んでいたのに、コーンの話、聞いて上げられなくてごめんね。と。

でも、本当は、キョーコの心の中で、成人したコーンに出逢えて嬉しいのですが、蓮と似た雰囲気をキョーコは感じていて、純愛映画のヒロインとして、蓮(久遠)の演技に飲まれて、
本当に、久遠に恋をしてしまいそうになったところです。
でも、蓮の事が、好きなのに、私って、浮気性だな。と、そこに悩みます。
揺さぶられ続けた心が、どうにも止まらなくなってきて、誰にも言えないこの想いを、
休憩中、久遠に話しちゃうんです。

それは―――――


ねぇ、コーン。あなたは、昔から、何でも聞いてくれたね。私の話。
そして、静かに慰めてくれたよね。あの時。
私もあなたも、大人になって、悩むことの大きさがあの頃とは違うけれど、
何も、言わずに、聞いてくれる?あの時みたいに。
答えは、まだ、見つからなくてもいいの。そのうち、自分で、見つけるから。
ただ、泣いちゃったら、昔みたいに慰めてね。

コクンと、頷いて、

いいよ、キョ-コちゃんの話、いくらでも俺でよかったら話して。
楽に成れるなら。キョーコちゃんの力になれたらいいな。


私は人を好きになることも、恋をすることも、人を愛することなんて、この先の人生、誰にもしない!って、決めたの。
でもね、どうしてもどうしても、心で感じることは、頭の中で否定しても、心が、ウソをつけないんだよね。


うん、それで?


今、この心の中で、ウソをつけない気持ちがあるの。
・・・その淡いピンク色の気持ちなんだけど・・・
私、尊敬して止まない、敦賀蓮さん、という、事務所の先輩がいるの。
その人の、演技にも、生活スタイルにも、芸能人としての全ても、尊敬できる、神様のような人なの。


・・・・。


あのね。どうしても、止められなくて、あふれ出す淡いピンク色の想いっていうの、あるんだね。この歳になるまで、知らなかったの。
昔、ショーちゃんの話したよね。
あれは、ピンク色じゃなかったのよね。今、思えば。
ただ、恋をすることを、学ぶ、きっかけだったかもしれない。


・・・・。

なんで、ピンク色に感じるのかは分からないんだけど、敦賀さんを思ったり、考えたりすると、その周りが、そういう様な色の空気に感じるっていうか。
昔に覚えのある、感情で、感覚。恋をしないと決めたのに、恋をしているのかもと、頭と心が、ばらばらで・・・。
尊敬という言葉を、敦賀さんに縛りつけていたいだけなのかも知れない、そんな考えは想いとは違っていて・・・


それじゃぁ、キョーコちゃんは、ショーちゃんよりも、敦賀さんが好きってことなのかな?


ふふふ。
それは、私の中で、確信に変ってきているモノなんだけどね。
敦賀さんには、言えないの。言ってはいけないの。


どうして?
言ってあげたら?男は告白されて喜ばない人は、いないよ。


ん~~~、でもね・・・
今、悩んでいるのは、そうじゃなくてね・・・

ん?なにがあるの?


キョーコは久遠に正面から見つめられて、目をそらすも


・・・私はね。コーン、あなたからも、その敦賀さんと同じ淡いピンク色の雰囲気を感じているの。
貴方と、敦賀さんを重ねて、演技してるって言ったら、怒る?
でも、最初の何日か、貴方に敦賀さんを重ねて演技したら、うまく演れた。
でも、何度もテイクを重ねているうち、あなたにも、敦賀さんへの同じ気持ちが沸いてきちゃってて、貴方が敦賀さんに見えることもあれば、懐かしいコーンのままに見えるときもあって、頭の中が混乱しそうになるんだけど・・・

目を閉じると感じる、貴方と敦賀さんと同じモノに心が反応して、セリフをうまく返してくれてて、初めて、心からのセリフを言えるように演技ができてるの。
役者としては、相手役に飲み込まれて演技を返しているのか、自分の実力で出来た事なのか、分からないんだけど・・・。


キョーコちゃん。
俺にも、それに自分の心にも、素直になって、いいんだよ。
それって、敦賀さんに向けられたのと同じように、
俺にもそのピンク色の心の想いがあるってことでいいのかな?


考えても、考えても、否定しようとしても出来ない、自分なのに自分でも止められない溢れ出す想いって、あることを、初めて感じたの。
・・・コーンには素直に告白できるのに、
敦賀さんには、どうして、言えないんだろう。


言っては、いけないと。
決め付けているんでしょ。キョーコちゃんの頭の中で。


ねぇ、コーン。どうして怒らないの?
わたしって、敦賀さんのことが好きで、なのに、貴方にも好きと言って、
そんな女なんだ、自分が汚くて嫌な女。
自分がすっきりしたいだけなのに、・・・あなたにそんな事を言ってごめんね。

そう言ったキョーコは、子供のように泣きだした。

でもなんだか分からないんだけど、どうしても止められないの。
貴方に向ける気持ちも、今はロケに来てるから逢えない敦賀さんにも。
二人とも同じぐらい、私の中で大切で、尊敬してて、好きで・・・

泣きじゃくるキョーコを昔のように慰めようと久遠はキョーコを胸に抱き寄せた。


ここは、スキビ好きな貴方だったらわかるはず。軽井沢の敦賀セラピーを思い出してください。



キョーコは、久遠に抱きしめられたが、なんだかデジャブ?な思いでいる。

(コーンって、敦賀さんと同じ、香水とか、ボディーシャンプーとか、使っているのかな?
どうして、同じ香りが、あなたからするんだろう?)

キョ-コは、ほほにサラサラのやわらかい髪が触れる感触にも、

(コーンも同じ、サラサラの髪質なんだね。)

そして、そのほほに、ちゅっ。と、触れた唇の感触に、ハッと、我に返りると、

ありがとう。お礼だよ。
キョーコちゃんの、気持ち、嬉しいよ。

(どうして?どうして?あの人の唇と同じ感触だったの?どうして、同じ事を言うの?)

と、戸惑い、コーンの眼をじっと見つめていると、

さぁ、もう時間かな?そろそろ戻らないと、メイクも直してもらわないと、いけないしね。
最後のシーンの撮影、キョーコちゃん、今の気持ちで、そのまま演ってごらん?
きっと、良い演技ができるよ。
さぁ、戻ろう?僕のお姫様、お手をどうぞ?

と、久遠が手をさし出して、その手に自分の手を重ねると、

(あれっ?カイン兄さんと同じ大きさ。手袋してたから、よくは分からなかったけど、
 指の太さとか、長さとか、手のひらの大きさも同じ―――?それに、付け加えた演技指導って敦賀さんみたいよね?) 絶対視感のキョーコさんです。

キョーコはいろいろ、久遠と敦賀さんが重なって見えることに、疑問を持ち始めました。

その日、最後のシーンをなんなく撮り終えて、二人の演技のクオリティの高さに、
周りのキャスト、スタッフ、監督から、盛大な拍手と花束を渡されて、クランクアップを向かえた二人は、ロケ滞在中のホテルの宴会場で行われた打ち上げにて、監督を筆頭としたスタッフに、

二人とも、とても良い演技でしたよ。
久遠君は、日本語もとても流暢で驚きました。日本では君のデビュー作になるけれど、
日本を騒がせるもの、いや、世界を騒がせるものと、信じています。
これからの編集も、あなたがた二人の演技力の高さを潰してしまわない様に、がんばるつもりです。国際映画祭に呼ばれるのを目的として、編集もがんばりますよ。
自分にも、それだけの実力をもっていると信じて、それを自信につなげ、良い映画になるよう
努力します。いままで、ありがとう。

と、賞賛されるも、

(コーンとも、今日でお別れなのね・・・。)

と、淋しく思うキョ-コ。

監督、ありがとうございました。
今はまだ、アメリカで生活を拠点としていますが、LMEに新しく籍を置いてもらうことが
決まりましたので、また、日本で活躍の場を与えていただけるのなら、いつでも戻ってきます。

(えっ、コーン、LMEに入ったの?じゃぁ、すぐ逢えるかな?敦賀さんにも紹介したいし。)

・・・。キョーコは妄想の小部屋へ行ってしまった。

(その時は、どう思うんだろう?大魔王光臨するかも?イラツボつくかも?)
と、ガタガタ怯えだすキョーコに、

具合でも悪いの?
と、聞く久遠。

監督、そろそろ明日の移動が早いので、部屋に下がらせてもらいます。
彼女も、お酒の席は苦手のように見受けますので、二人とも失礼させて頂いてもいいですか?

と、お部屋に久遠に送ってもらい、

じゃぁね。キョーコ。
LMEに所属が決まったから、またすぐ日本に来るよ。
その時は、またよろしくね。先輩?

と、久遠は一礼して、部屋を後にする。

しばらく経って、
コンコン。

控えめなノックの音に、久遠は自分の部屋のドアを開けると、

コーン。ごめんね。疲れているし、明日の朝も早いんだろうけど・・・。

大丈夫、まだ眠れなかったんだ。昼間のことが気になってて、お風呂で考えてたんだ。さっき。

私も、こんなままコーンがアメリカに帰るのかと思ったら、しっかりと、言おうと思って。
言わせてね。貴方を傷つけるのかも、私が傷つくのかも、分かっているんだけど、
どうしても、止まらないの。
コーンにしか言えないから。こんなこと。

どうぞ?部屋に入って。

と、ベッドに並んで腰掛けて、うつむいたキョーコさんは、

あのね。私の言うこと、可笑しいかもしれないけど、コーンなら多分分かってくれるのかな、と、思って言うんだけど・・・。
あ、私ね、最後までキチンとしなきゃ嫌な性格なのよ。
最後までキチンとあなたに伝えたくて。

うん。大丈夫。君の全てを打ち明けて?

笑わないでね。
私、ヘンな特異体質の持ち主なんだけど。
周りの人の感情が分かるの。オーラが見えるのかって言われたら見えないんだけど、感じるの。
ブラックなオーラとか、すぐアンテナが反応するんだけど、
コーンと過ごしたこの撮影中は、心地よかったな。って、思った。


俺も、そうだったよ。
ものすごく、癒された時間というか、人生にはほんの一瞬の時なんだろうけど、昔キョーコちゃんに出逢えて、そして、また今度は京子に逢えて一緒にいられて、嬉しかったよ。


それでね、その心地よさに感じてた・・・。
さっきの止められない淡いピンク色の色の話なんだけど、
人が、恋に落ちる、人を好きになる時って、ピンク色のオーラなのね。
それも、いろいろなピンクがあって、初めは、これでもかって言うぐらい、ドピンク。
あ~、だから、社長さんは私にあのピンクのツナギを着せたのね。
ふふふ。コーンは知らないでしょうけど、ラブミー部って、愛したくもない愛されたくも無い病もちの人が、入れられるセクションがLMEにあるの。
その人たちが着せられる制服があって、それがドピンクなんだよね。
社長は、万人に愛されオーラの色、一目ぼれの時のオーラの色を、着せて、私を好きになって!
と、アピールさせる為に着せたのね。きっと。
社長もオーラがみえるのかもね。ふふふ。。。
あ、でね。そのピンクは、一目ぼれや出会い、最初の瞬間は、ものすごいピンクでね、
いろいろその人が分かってくると、どんどん色が変ってくるの。
恋の“好き”が醒めてしまうと、違う色になったり、恋で無い“好き”はピンクじゃなかったり・・・。恋のピンクはね、どんどん好きが増してきて、自分の中で止められなくなってくると、どんどん、薄いピンク色にぼやけて来るの。
お互い想いあっている人たちは、同じピンク色のオーラを感じて、告白したり付き合いだしたり、人生を共に生きていけるのか伴侶を探す、人生の試練を経験して魂の修行をするんだけど。
その“恋”と呼ぶ、ピンク色がみんなそれぞれ違っていて、全く同じピンク色の人たちが結ばれて、お互いを想いあって、一緒にどんどん薄くなっていくピンク色を共有できると、いつか、真っ白になって。そして、真っ白なオーラを私は“愛”だと思うの。
愛のはじまり、愛は尽きることなく永遠に共に。と意味で、ウェディングって、白なのかな?って思うぐらい、白のオーラを感じるの。
白にオーラが近づかないまま、結婚しちゃうと、その後、何色にも二人で変えられなくなるから、気持ちや何かに歪みが生まれて、そのピンクを壊さないと生きていけなくなるんだよね。
だから、別れちゃうんだろうな。っと、テレビの離婚会見なんか見てると思うんだけど。
その白いオーラの時に結ばれた二人は、その後、二人で一緒にいろいろな色に変えて、変えられて、お互いを生きていけるんだと思うの。


へ~。そうなんだ。なんか分かるよ。
好きっていう気持ちにいろんな種類がある事とかね。


ここから先は、私の自分の事なんだけど・・・
今もさっきも、コーンあなたに向ける私の色は、敦賀さんに向けられたのと同じ色なんだって思ったの。
河原でさっき慰めてくれたよね。
二人も好きになってしまった、私の浮気心を怒りもしないで、受け止めてくれたこと。
なんでも話せる友達だって、昔は思ってた。それは、さっきまで。
でも、今は、なんでも話せるお友達じゃなくて、もっと、私のことを分かってもらえたらいいな。って、思うの。
私の貴方に向けられ放つオーラが淡いピンク色だって。
恋が愛に変り行く瞬間、大人になってきて初めて分かった気がする。
でも、それは、敦賀さんにも同じで―――。

と、言ったところで、唇をキスでふさがれ、

キョーコちゃん、君の言う意味は、ものすごく俺の中でも実感できるほどよく分かるよ。
昔のツインテールの女の子の君に向けたピンク色と、今の君に向けられたピンク色が確かに違うものだって、感じてたんだ。
そうだね、今キョーコちゃんのその胸にゆれる、プリンセスローザと同じような色かな。
感じるのは。
いま、そのピンクの色が、お互い同じぐらい、淡いものだといいな。って思ってる。

キョーコは、久遠にベッドに優しいキスをされながら、押し倒されて・・・

コーン。私もこんな色かな?って、感じてるよ―――。

でもね、抱かれている時にキョ-コは、また思うんです。
さっき、抱きしめられた時も、今も、敦賀さんの骨格とか、筋肉の尽き方とか、抱きしめ方とか、抱きしめる力具合とか・・・同じに感じるんだけど。どうして?って。

まぁまぁ、最中の途中で、久遠が、ちょっと冷めるような事を。

ねぇ、キョーコちゃん。
そのプリンセスローザは、敦賀さんにもらったんでしょ?
初めて。を、敦賀さんの為に、取っておかなくていいの?
もう、止められそうも無い。このままじゃ。

うん。いいの。
初めては、コーンがいいの。
あの人に似合う人になりたいから、子供のままじゃなくて、もっと大人になってから。
ならなくちゃ、大人に。
君には何もしないよ。って、子ども扱いされたんだよ。
もっと、大人になって、振り向かせられることができたら、その時に敦賀さんにも、同じ事を言いたいなって。


それじゃぁ・・・。
敦賀さんの前は、他の男でもいいって事?

そう言って、久遠はキョ-コの首にかかるネックレスをはずし、


そうじゃなくて、コーンだから頼めること。それに、私・・・
あなたと敦賀さんは、同じぐらい好きよ。――――



久遠は、キョーコを抱きながら、思う。
でもね、君の勘の鋭さに驚いた。君に恋する想い、感じる心の色を、プリンセスローザに込めて送ったんだよ。それを選んだ時、この色だ。って、思ったから。
それは、俺が敦賀蓮が、君に恋をしている色。その気持ちを気づいて欲しくて君に魔法をかけた。蒼い石と同じように。
ねぇ、キョーコ。今、抱かれながらどっちの俺を考えているの?
俺は、キョーコに今の自分がばれているんじゃないかって、気が気じゃない。君は、視観も、聴覚も、勘も、頭もいいコだからね。
でもいつか、ばれるときは、二人で真っ白なオーラの時なのかな?
そうだと、いいな。その時は、白、無色透明のダイヤを贈るね。君に。
今はまだ、ピンクでいい。もっとピンクが似合う君でピンクを楽しんで?


キョーコはキョーコで、抱かれながら思う。
あれ?コーンも敦賀さんも、同じ香り、同じ声、おなじ大きさの体、肌触り。
どうして?
私、敦賀さんを思って、コーンに重ねているだけなの?
ごめんね。コーン。もし私が本当は、そんな気持ちでいたんだったら。
でも、お願い。今は、貴方のことだけを想わせて―――。



. . . .では、そんな話。お気に召しましたら、ぜひどうぞ。

[new moon night @ hotel room FIRST TIME love]








to READ ... Deep Sea at First




Fly to Deep Sea
bless of Love Dreams with DEEP breath


Continue in Black Sky
Mercury Love @ hotel room SECOND TIME DANCE n.1





SPACY

美海* mimi

Author:美海* mimi
mimi's world - Dream Four

- the loves are the prince like

SO Fraternity
sO Extreamly
sO Essencially
sO Leaky
sO Scarcity

And wilder than wilderness

never those are the same at every moments

the lights winks to you ...

...like Planets in universe



* the BLACK SKY *


PRELUDE of LOVE DREAMS

*MERCURY - Chuehonn's LOVE
*VENUS - Ren's LOVE
*MOON - the one 's LOVE
*MARS - Sho's LOVE
*JUPITER - Hideto's LOVE
*SATURN - Reino's LOVE
*URANUS - Hikaru's LOVE
*NEPTUNE - Taira's LOVE
*GALAXY... HIDING behind interstellar clouds



mimi's world

LD1 - HEART

bless of Love with DEEP breath


LD 2 - DREAM

brightness in the WHITE lime lights


LD3 - SYMPATHY

peacefulness as POLAR as sweetened for the ONE A me BLO

sleep as peacefulness and sweetened II to 11 in fc TWO



LD5 - MIND

Uncompletation ICY Sensitivity



∞ I*s B-FOREVER

From far away beyond BEAUTIFUL SEA

theD

from far away beyond beautiful sea


LD7 & F-TM* HOPE and DESIRE

BElieVE.beLIEve.believe

mimi's Fairytales
* HAPPY PRESENTs *
* A New Day *
* To be my Grace *
* Myth. BLUE BELL *


...still
under constructions

Dream 6 - The Radiance

TWINKEY

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

« 2017 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Copyright

* Love Dreams * Stories by Author 美海*mimi © 美しい海の彼・方より mimi's world-4 * Black Sky All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray

under © mimi's world-1 * Deep Sea All Rights Reserved.


▲PAGETOP