mimi's world-4 * Black Sky

__ It is started from one dream... as it became with Love Dreams


Moon WINKs for LOVE @ Amabilite' SEAcret BLUE MARBLE

  1. 2016/06/06(月) 06:06:06_
  2. Furious of Love Dreams
Back Stage of Pour Un Amabilite mementos




   純真

その想いは、空を映す様な、無色透明の目に映らない色だろう



   煌光

光源の太陽が照らす光の色が見えないのと同じでも
人はその色を、温もりを反映する・・・ 

黄色に喩える無知無邪気な子供は、この見難い色を手にとる自然



夜空に瞬く星たちに願いを込める、祈頼の心に写る
光源の反射の様に・・・



  
________ THERE IS JUST YOU’RE THE ONE

      OF MINE . . . WITH SO MANY FIRST ONE’S BIRTH


   その欠片たちは、沢山の思い出

   命の創生が1つの愛になる瞬間

   この2人の心の中に光輝いている様な・・・





漆黒の夜空に彩る、たくさんの輝く銀河の星が・・・



_____  FROM THE CITY OF CONSTELLATIONS. . .
    TO THE WANDEDRER
    AND A . . .PLACE OF RAIN. . .



   天空の遥か彼方に星が瞬く処から

   雨が創られるのかと想いを馳せて・・・




きらきら瞬きながら色を変えて見せている


そのCGの映像を頭の中に甦らせて、360°からライトを当てられて、自分の影を消された
そのブルーバックのセットの中で、眩しくないのに瞬きをして

この自分の視界が見ているのは、目に写る撮影所の風景でも
頭の中の映像が紗幕を下ろし、想像の中で夢想造の世界が見える。


たくさんの星が輝く天の河は 瞬きながらその天空を動いている

星の光の軌跡が作り出す光の腺は 短いけれど

その址を漆黒に近い紺色のその空では 小さな流れ星のように思わせる・・・



 ゆっくり流れるWhere I amの曲に、焚かれたDEICAの香りまでも
 心奥に押し込めて殺した筈の自分を、甦らせていた。




_____  HE JOURNEYS ON. . .
    THE CITY OF HESITATION AND DOUBT. . .
    THE ISLAND. . . OF THE HOUSE THE COLOUR OF THE SEA. . .



   満たされて潤う心は海の色で 

   馳せた思いが募るその処では 

   躊躇いに囚われない




光の腺が作り出したその光景に浮かぶ影・・・

地平線なのか・・・

水平線なのか・・・



星の瞬きが消える腺の上に佇む後姿が映し出される 

   影

心奥に押し込めた筈の自分が影になって、頭の中に浮かぶと
光で影を消されたこの中にゆっくり視線を動かして確かめていた。

頭の中に浮かんでいるだけ・・・

自分に言い聞かせる様に、もう一度瞬きをしたけれど

自分は微笑んでいた。



影の無い世界に存在するものは、自分と もう1つだけ・・・

舞い落ちてくるメレダイヤの中で、その煌きが瞼に残る程、光360°当てられた世界の中
両手で掬い上げ、天を彩る星の光に向けると輝きがもっと増す、この存在するものの中に

影であるはずの 蓮 

DEICAのダイヤモンドリングが蓮の影に映す、多色の輝きを思い返される。




思い浮かべる頭の中は、監督に見せられた漆黒の彼方

漆黒の夜空を彩る星の輝きに浮かぶ人影が ゆっくりと手をその空に伸ばすと
はらはらと零れ落ちる光の粒 その光の粒が星と重なって・・・

短い軌跡を光で残す、流星群になる


_____  THE PLAIN OF MEMENTOES. . .
     HE JOURNEYS ON TO FIND . . .
    . . . HIS LOVE. . . THE VALLY OF LOST TIME



   真っ直ぐなその想いが 

   愛を捜す手がかり 

   失った時を葬る様に・・・




    The city of end and endless
   最終地点で、終わりなき彼方へ向ける



自分の心に言い聞かせるのは、心奥に押し込めた筈の白い蓮の自分へ

影を映すDEICAに、子供の頃の思い出重なり
怏怏とした遣る瀬無さほど、あの時の目標である今は、最終地点では無いと

影に煌きを与え、励援を影に与えてくれる様で
謳華 花開くその時は、まだ・・・

Angelの向けてくれる松明の導きの様に、漆黒の夢夜幻の彼方へ引かれる

半月の光の筋が、自分の向かう先だと頭の中に想浮して
冷たいメレダイヤの砂の上に背中をつけた。


痛い

この感覚が背中に走る



生きてるって感じていた自分

影の無い 漆黒の世界の中に、存在するただ1人

光の粒が零れ落ちるその手を上に向けたまま横たわる自分の上に降り注ぐ・・・

星が降る様に目に映り、降り注ぐ様に思い返す思い出

天使に出逢った夏の日

天使に掛けた魔法
蒼い石は自分に必要では無いと、強い心思に変えてくれた天使に
天使が空に手を伸ばし、蒼い石に当ててくれるその空に浮かぶ月を見て

月虹が見える芝生の中に寝転んで、手を伸ばした思い出が1人じゃないと心に刻まれた。

蒼い石の魔法は・・・ 自分にずっと続いて掛けられたままだと
天使の手の中にあるまま、天子にもう一度再会した自分・・・



漆黒の闇の夜を照らす光の粒は流れ星の様で、星に願いをかける純真透明な心 時戻り在ると
想い彼方へ飛ばし思い帰る

心の後ろに感じる痛みは・・・

咎と傷と棘の間

影の無い世界に一吹きの風を、自分が吹き、起こせば




_____ THE JOURNEY ON THE PARABLE OF DAY

   未来の寓話を求めて・・・


_____ WHERE THE WINDS COME TO HIM AND SAY

   風が運び教えてくれる その在処・・・



最終地点であったはずのこの場所に、彼方へ目を向ける影の自分。


闇の中に姿を潜めたその影が、浮かぶ。
今見えるのは、自分の指の間から零れ落ちる輝きで・・・
無くなるはずの無い、自分の記憶に刻み込まれた子供の頃の思い出。
過去の想い出と共に、天使への魔法を掛けた純真な頃の自分を思い出したら

心の中に 愛しさに変った時を経た想いが溢れて 心の中に雨と成って降り注いだら
枯れた泉、心潤いで溢れて・・・

雨の様に降り注ぐ
心の中に降る涙は、影の存在の悲しさ に

溢れ出すほど降る
心の中に溢れる想意、鏡の様に映る愛しい我が子を亡くした泉の畔で
母が流す涙で出来ている逸話に思う



彼方見えるはずの無いセットの中で、想いだけが彼方に馳う未来の時
影の無い自分でいるだろうと、想像できる

この最終地点だと思っていた今より彼方向こうの未知来時を思い描く

一つの心から生まれた 一つの愛を たくさんの輝く思い出が甦る香りの中



 その細かい思い出と成った記憶の様に

 全ての思い出が大切で丁寧に磨かれて

 一つとして同じ容の無い光として生まれる 




________ THERE IS MY HEART IS ONLY FEEL MEMORABLE LIGHT
      OF OURS . . .
    FATE IS JUST ONLY ONE BUT SO MANY MOMENTS



   きらきら光る耀きを

   この瞳に映して見詰める遠く彼方から



・・・天使の歌声が
遠いその彼方の先から聴こえてくる様で 



________ AN ANGEL LEAD ME FROM THE WHISPERING HEARTFELT
    BLINKING LIKE LIGHT ON THE BRINK OF OUR ONE DESTINY 




   一つの愛を創りだす為に必要な

   小さな思い出の光と、今は成った欠片たち



その全てを心の中に瞬かせたいと思う想いからで・・・
 


________ THRER IS JUST GRACEFUL ONE MOMENT
    OF YOURS . . . WITH MY ONLY ONE WISH IN OUR HEART



   貴方との思い出の断片は

   永遠に心に瞬きを失う事は無く・・・

   だから、これからも

   たくさんの思い出とともに彼方に捧げ続けたい 



OUR MOMENTS OF MEMORIES COME FROM MY HEART FEELING FOREVER ONE

I JUST WANNA BE ON AN ADAGIO AS I FORGIVE WITH MY SUFFER FEELING IN FATE

. . . WITH YOU ________





自分が入れるアフレコの言葉は

ダイヤモンドの香りに 煙に 巻かれるように

意識を彼方に馳せたまま




「 お疲れ様 ありがとう・・・ 」



監督に手を伸ばされて、音も香りも続くまま時が止められる事なきカットだと

気づいていてもきっと心が彼方に向かっているままだと、自分の意識の中に判っている。


「 ありがとう・・ ございます 」


あの・・・


呼びかけたのは、差し出された手の上に乗せた自分の手に、重ねられた彼女の左手を見ながらだった。


「 ・・・Juel? 」


「 NO、ジュリ。 」


JulliAnna? 
違うわ・・・ 私



   「 Angel 」



はっきりと聞こえる言葉に、自分の意識は普通だと思っていながらでも
自分の脳裏には、闇の夢幻の中に煌きで映る影の形がすぐ近くに来ているのが見える。


「 アールのデザインですか? 」


重ねられた彼女の手を見つめたまま、母を呼ぶ様な照れ臭さを隠していた。

ジュリなんて呼ぶ事は、あの人としかクーにも聞けなかった自分には言い辛くて
母親を呼ぶ事に躊躇いを感じる自分の心は、まだ日本を出てきた事にうしろめたさを感じているのだろう。

別に母と似ているわけじゃない・・・

背中に付いたメレダイヤを落としてくれている監督の手が、心の後ろでポンと優しく叩いた。



  違う人からの、大切にしているもの


  私の夫である クー とは親友でした

  
  彼の残した男の子は、私たちの息子


  私の亡くした息子と同じ日に生まれて


  同じ日に・・・


  命の誕生と引き換えたかの様に高い天に、引越しして


  また遇うのはいつか?




「 そうね。飛ばない様に、羽を自分でもいだと言うわ 」





お疲れ様でした。


ふ―――・・・ 


残された言葉にも、頭の中に残された言葉にも
黄色と無色のダイヤが霧を作るFrostyは、シンデレラの魔法が掛けられたガラスの靴の様で

DEICAの炎を吹き消し、立ち去った彼女が視界の中にいる。



俯いていた自分の目の中に・・・

一吹きの風を与えられたキャンドルの炎は、一瞬で消え
ガラスの中で立ち昇る煙の向こうには、光源を失った 黒い蓮の影は消えていた。


 この世には、同じ境遇の人も、同じ名前の人も沢山いると思う

 1人の人で在ると、本人が自覚確証ある思考が、その人の中に

 だからドッペルゲンガーの幻は、この世に存在するわけが無いと

 ただ1人の自分が心の中で言っている



永久凍土の様な封印を

彼女の夫である クーさんからの無色透明なダイヤの指輪で封印する様に

シンプルな愛だけじゃない愛が、この世にあると

彼女のしていた指輪に思い・・・

愛を語る婚約指輪のCM撮影に、違う愛の形の深さもあると心奥に隠した自分が、素直なまま心中で言っていた。




   THERE HEAL OUR FOREVER MOMENTS

    永久に続く瞬間が繰り返されない様にと

   FOR OUR. . . ETERNITY ONE . . .
  
    我らの大切な 永らう ただ一つへ
    
   . . . FIRST FOREVER ONE

    初めての永遠が・・・・    




「 蓮ちゃん? 何か言った?・・・ 」


「 いえ、アフレコを思い出していただけです 」



側に居たMs Woodsに声を掛けられて、ハリウッドから来たという監督の事を聞こうかとも思ったけれど、心の中の自分が
そんな事より自分をどうにかしたらと言い聞かせていた。

影が消えたはずの視界に残る


影は・・・ 

今この場に存在する 敦賀蓮の方


Loveなんて言葉が出てこないアフレコに、心を凍結した様な監督の選んだ言葉は
永遠が・・・ どうなるのかと続くものではなく


  
「 貴方との、たくさんの思い出・・・

  ・・・二人の心の中に光り輝いている様な  って 」



監督夫婦2人のその1人の親友は、2人の心の中で影になっても
影を煌かせる灯火を絶やさないのではなく、影自体が光り輝く様な思い出のまま

残された幼い命に同じ想いを注いでいるのは

言葉にしない 愛 なんだろうか?・・・


自分には、愛は邪魔なものだと、心を封印したつもりでも
心が変る瞬間は、必ず生きていれば、甦るのが人間だろう


解らないだけで

沢山の愛の形がこの世に存在するのは人それぞれだと

ドッペルゲンガーの夢幻がこの世に無いのと同じ様に

同じ愛や恋があるわけじゃないん・・・ だ・・・




AS MANY MEMORIES CAN BE BRIGHT IN MY AND YOURS HEART AS . . .THE

 刻まれた限りの数え切れない思い出は、2人の心に同じ様に輝き続け

ONE . . . FOR THE MOMENT OF OUR GRACE
 
 その大切な思い出全てが、心の中に優美な感情を導くと・・・




「 貴方の思い出を光として、貴方の大切な・・・貴方に・・・ 」


殺した 自分の光 

死を自分に 与えた自分

影の自分が生きて

影が光煌き 写る程が

自分の本当の生きる意味か

死んだ自分の親友の弔いに

輝いている今の自分は・・・




違う人からの、偽の想いでは、報われないのか



光で影を消す


夢幻                想界  

羽の無い天使が

夢現                層積

実現化は可能で

無間                葬戒 

その中に生きても

無限                送廻

価値が見出せるか




一 

 


自分で羽を捥ぎ 飛べない様に

生きる願いも 断ち切る想いも     強く












落ちるしかない














これ以上 飛ばない 


「 ・・・ように 」


   一 り に  かえる    





羽?


   人に存ってはならない


   無いものに折れるなんて


   自分の想像は可笑しいだろう


   捥ぎ取る            強さ?



強くもなんとも無い




   飛ばない様に 自分で捥いだと言える

   自分・・・  

   影として 0 無になって



「 No.1
  いや. . .  No one  」  



NO. . .  一 り







そこには、誰もいないNoOneその影映る 

光を失ったら無に戻る 何も無い場所が今の自分 








the Continue



Fragile de Angel Fragrant






the Back




Furious of Love Dreams n.458

Instrumentally Prelude of Furious of Love Dreams n.348




Shadow of...


the Light




From Where I am / Hidden Heart / It's in the Rain






SPACY

美海* mimi

Author:美海* mimi
mimi's world - Dream Four

- the loves are the prince like

SO Fraternity
sO Extreamly
sO Essencially
sO Leaky
sO Scarcity

And wilder than wilderness

never those are the same at every moments

the lights winks to you ...

...like Planets in universe



* the BLACK SKY *


PRELUDE of LOVE DREAMS

*MERCURY - Chuehonn's LOVE
*VENUS - Ren's LOVE
*MOON - the one 's LOVE
*MARS - Sho's LOVE
*JUPITER - Hideto's LOVE
*SATURN - Reino's LOVE
*URANUS - Hikaru's LOVE
*NEPTUNE - Taira's LOVE
*GALAXY... HIDING behind interstellar clouds



mimi's world

LD1 - HEART

bless of Love with DEEP breath


LD 2 - DREAM

brightness in the WHITE lime lights


LD3 - SYMPATHY

peacefulness as POLAR as sweetened for the ONE A me BLO

sleep as peacefulness and sweetened II to 11 in fc TWO



LD5 - MIND

Uncompletation ICY Sensitivity



∞ I*s B-FOREVER

From far away beyond BEAUTIFUL SEA

theD

from far away beyond beautiful sea


LD7 & F-TM* HOPE and DESIRE

BElieVE.beLIEve.believe

mimi's Fairytales
* HAPPY PRESENTs *
* A New Day *
* To be my Grace *
* Myth. BLUE BELL *


...still
under constructions

Dream 6 - The Radiance

TWINKEY

the DOOR * mimi's SALOON - blog & tweet & message Infinity's Blog * FOREVER - Ren & Chuehonn's Jaxtaposed Blogs Love Letter from CH & RT / 敦賀蓮・久遠ヒズリ より

« 2017 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Copyright

* Love Dreams * Stories by Author 美海*mimi © 美しい海の彼・方より mimi's world-4 * Black Sky All Rights Reserved.

Permit Belong 美海*mimi
All Desins & Creations by ™ From far away beyond beautiful sea.© ILD.fbs.A&C under h-llc(USA).All Rights Reserved.
Story by © 美しい海の彼・方よりmimi's world All Rights Reserved.
kinshibanner_Dark Gray

under © mimi's world-1 * Deep Sea All Rights Reserved.


▲PAGETOP